<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> Candle :Lilin-manis オリジナルキャンドル リリンマニス

lilinmanis

キャンドルキャンドルヒーリングキャンドルの使い方アクセサリーabout Lilin-manistop
healing

『1/f(エフぶんのいち)ゆらぎ』〜人間が心地よく感じる刺激
キャンドルの炎には、心地よく感じるゆらぎがあり、それは自然界に存在する波の音やそよぐ風、鳥のさえずり、星の瞬き、蛍の光、そして小川のせせらぎなどと同じ、規則性と不規則性の間にあるリズムの周波数である『1/fゆらぎ』を持っているからです。
また、私たちが普段耳にする音楽も『1/fゆらぎ』を持ち、心地よいと感じる音や声は皆このゆらぎを持っているとされています。
視覚や聴覚など五感から感じ取ったこの癒しのリズムが脳波にアルファ波を発生させます。

この周波数は私たち人間の心拍のリズムなど、生体エネルギーとシンクロするため、心地よく感じることができ、リラクゼーション効果があると言われているのです。
木の年輪や木目の間隔などの自然、そして機械により精密に加工されていない手づくりのものには『1/fゆらぎ』が入っているそうです。
現在も街づくりをはじめ、洋服や居住・道路空間デザインなど、私たちの身の回りにあるものに、1/fゆらぎを取り入れる研究は進められています。

アルファ波
人が眠っている時やリラックスしているとき、集中しているときに出ている脳波がアルファ波で、体の緊張が解け、免疫細胞を活性化したり病気の治癒力を高めるといわれています。
一方、起きて活動しているときなどは、緊張やイライラ状態の脳波であるベーター波が多く表れ、ストレスを招きます。
ベーター波が多く現れている状態が続くと、ストレスが蓄積され体調を壊すことにも繋がります。
1日の終わりの少しの時間、1/fゆらぎの中に身を置いて、アルファ波が多く現れる環境作りをしてみてはいかがでしょうか。

キャンドルセラピー
キャンドルの炎の色、オレンジ色は料理を美味しく見せたり、心を穏やかにしてくれる効果がある色です。
また、心地よい眠りを誘い、熟睡に導いてくれるリラクゼーション効果があります。
ろうそくの灯を見つめる事で、精神統一、精神安定、集中力増加などを養う療法や、PTSDの治療にも取り入れられ、不眠解消にも効果があるとされています。
炎をじっと見つめていなくても、同じ空間にいるだけでリラックスすることが出来ますので、少し灯りを落とした室内で好きな音楽を聴きながら、キャンドルを灯し、ゆったりと過ごしてみましょう。
キャンドルの炎が空気中の煙や臭いの元を燃やす為、消臭・消煙にも役立ちます。